つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

桜と牛若丸

大変。
随分と更新期間が空いてしまった。

1月、雪組公演が終わり気が付けば月~3月は仕事に忙殺されていた。
3月は特に年度末進行でとんでもなかった。
それはさておき。
タイトルからもお察し頂けるかとは思うけれど、今月頭に「義経妖狐夢幻桜」を観に行った。
実は初のバウホール公演観劇だった。
大劇場には何度か言ったけれど、バウは初めてだった。
贔屓が出演しているし、東上作品ではなかったので遠征することになった。

そんな初バウホール公演観劇デビューだったけれども、
個人的にはあすくん(久城あすさん)のインパクトが凄かった。
話自体は荒唐無稽で、展開の仕方が「タニタカヤ先生っぽい」の一言に尽きた。
好みだったのかと言われれば、そうではないけれども、
つまらない、意味分からないと一蹴するようなレベル感ではなく、普通に楽しめた。
2月以来に観た舞台上の贔屓は綺麗で、とても活き活きとお芝居をしていて、
ライトを集めてきらきら光る大きな目を上手く脳内で処理が出来ずに呼吸がし辛かった。
こじらせているな、と昼公演と夜公演の合間に苦笑いが零れた。
ただ、今回はやっぱりあすくんのインパクトが凄かった。本当に。
役としては、まあ分かり易く黒幕で見た目通りマッドで
たまに他の宝塚作品でも出てくるようなキャラクターではあった。
著しく気持ち悪かった。とにかくあすくんが著しく気持ち悪かった。
いや、褒めてるんです!!!
こんなに躊躇いなく気持ち悪く演じるあすくんは凄い。
その気持ち悪さが、底が浅い気持ち悪さでは無かった。
上っ面のマッドキャラじゃなかった。芝居の引き出しの多さを実感した。
主役そっちのけであすくんの話をしているけれども、
あすくんのインパクトがとてつもなく強かったので、仕方ないということにしておいて欲しい。


でも、そろそろ贔屓の歌が聞きたいので。
次のショーを楽しみに待ちましょう。