つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

桜咲く国

 

タイトルを見て今日は何を書こうと思っているか、分かる人も案外いそうだ。

今日は「OSK日本歌劇団」について。

 

宝塚が好きな人であれば、OSKも併せて好きな人も一定数はいると思うけれど、どうだろう。

OSKは大阪松竹歌劇団の略で、今はOSK日本歌劇団になっている。

名前の通り、大阪が拠点の劇団だ。

宝塚も関西の劇団だが、OSKは関東でやる公演は少ない。

OSKは西にも東にもOSKの持っているハコが無い、というのが大きい原因な気がする。

だから、私も実を言えば、OSK観劇はたった1回だけ。

でもその1回がとても印象的だったし、また行きたいと常々思っている。

私が観たのはなんとトップ男役・桜花昇ぼるさんのサヨナラ公演、しかも千秋楽。

観た当初は、「OSKの太陽」とまで言われている方だなんで、

これっぽっちも知らなかった。でも、朗らかで品の良い華のある、

素敵な男役さんで、本当に素敵だったことは今でも思い出せる。

桜花さんもさることながら、現トップの高世さんも、桐生さんも素晴らしく、

初見だったにも関わらず、想像以上に楽しめた。

OSKの好きなところをつらつらと挙げていきたい。

これで興味を持ってもらえれば、何より。

 

特筆すべきは「ダンスのクオリティーの高さ」。

とにかくひたすらに皆さんダンスが上手い。素人目で見ても、

恐ろしくダンスが上手い。端から端まで、ダンサーばかり。

ちなみにその時の第一印象は「男役さんは皆としちゃん(宇月颯さん)みたいで、娘役さんは皆まりもちゃん(蒼乃夕妃さん)みたい・・・!」だった笑

いや、本当にそんな感じで。

(元)月組の名ダンサー2人を咄嗟に思い浮かべるくらい、

どこを観ても美しく、華麗に、しなやかに踊る男役さん、娘役さんばかりだった。

多分、ダンサー好きさんは、心底楽しめると思う。

少なくとも、「宝塚のフレッド・アステア」と呼ばれた大浦みずきさんのファンの、

私の母はOSKも大好きだ。

ダンスだけでは無い。歌も上手い。むしろ「あのダンスの後にこれだけ歌うの?」となる。

ただ、歌については宝塚よりラフかもしれない。

上手いには上手いが、身体中に染み入るような、そんな「上手い」ではない。

なので、のぞ様やことちゃん(礼真琴さん)辺りの歌唱力を期待して行くべきではない。

個人的にはあれで十分でしょう、とは思うけれども。

そして私的なツボなのだが「娘役さんの自立した美しさ」。

そういう気風なのかもしれない。OSKは娘役さんが殊更に男役さんに寄り添うことはしていない。

娘役さん達がまず個として、美しく、凛とあろうとしている感じ。

蘭ちゃん(蘭乃はなさん)風に言うところの娘役さんが「るりるりしている」のが一番良いと思う方は、ちょっと嫌かもしれないけれど。

私は大好きだ。舞台の上で、男役さんと対等に肩を並べ、共に在る強く美しい娘役さん。

美貌は宝塚の娘役さんにだって引けを取らないしね。

存在感のある娘役さんが好きな方には、もうごりごりに推していきたい。

 

ちなみにOSKはごく一部の公演だが、

動画撮影・写真撮影がOKでSNSにアップすることも許可されている。

盤石な経営基盤は無い分、宣伝ツールも身近で分かり易いので、

興味を持ってから、好きになるスピードも速い気がする。

色々検索する度に、OSKも観たいと思うが、

東京公演が殆ど無いのが、心底惜しい。

 

最後に。

桜花昇ぼるさんのサヨナラ公演の時、隣の大人しそうなお姉さんに「飛行機の時間があるので途中で抜けます、ごめんなさい」と言われた。

そのお姉さんは、それなりに長く桜花さんを応援していらっしゃったそう。

彼女が桜花さんを見つめる眼差しも、

桜咲く国を口ずさむ横顔も、

宝塚ファンと何ら変わらなくて、まっすぐで愛情に溢れていて、

ちょっとだけ泣きそうになったことも、また思い出。

 

桜咲く国、桜、桜。

 

広告を非表示にする