つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

知りたいのは

お題「これって私だけ?」

 

べつに「私だけ」とは思わないけれども。

贔屓が出ている公演のレポ、感想は積極的には見たくないタイプだったりする。

「私だけ」とは思わないけれど、身近にそういう人もいないので。

 

仕事柄残業も多く、基本的に休みも週1で日曜だけの会社で働いているので、

まとまった休みは取れない。なので、まず遠征がほぼ出来ない。

いや日帰り弾丸遠征もしようと思えば出来るけれど、

仕事がある日は毎日朝4時起きで、定時で帰れることはまず期待出来ない業務量を考えれば、

日曜にそんな弾丸遠征なんてした週明けは、グロッキーになるに決まっている。

趣味のせいで仕事が疎かになるなんて、本末転倒なことは嫌いだ。

なので、まあ、遠征は大概はしない。

よって、神奈川在住の私は、自ずと東京公演に通うことになる。

東京宝塚劇場は、近くもないけれど決して遠くないので、

アクセス的にそこまで悪い場所には住んでいない、と思っている。

ただし、やはり仕事が優先なので、東京公演も言う程は通えない。

結果として、私は恐らく公演中、観られない日の方が多い。

それでも私は極力、感想やレポは見たくない。

公式からの供給で、観る日まで凌ぎたい。

何故だろう。

多分、「誰かの価値観や好みのフィルターを通して見た贔屓」の姿を求めていないからかな、と最近思ってはいる。

何だか、面倒くさいし、分かりにくい。でも言葉にするとしたら、そう。

 

ある公演で私の贔屓は「勿体無い使われ方」と度々言われていた。

実際に観てみたところ、確かに異常に台詞が少なかった。

「勿体無い使われ方」と言われるのは、

「もっと出来るんだから」という評価があるからこそだと思うので、

そういう意味では、有り難い感想だったのかもしれない。

でも、私は「勿体無い使われ方」とは思わなかった。これっぽっちも。

何ならその公演はもっと「勿体無い使われ方」だと思う人が沢山いたし、

そもそも、こんな言い方をするのもアレな気もするけれども、

それなりの路線さんや明確な番手付きさん、専科さん以外は、

男役さんにしても娘役さんにしても、

演出家の先生によって、役付き・使われ方なんて変わっていくものだと思っているから、

その演出家の先生の中での私の贔屓は、

今のところはこういうポジションなんだろうな、と納得してしまっていた。

 

いつだって腑に落ちるのは、実際に観て、聴いて、感じた贔屓の姿だけだ。

贔屓が褒められれば嬉しいけれど、

でも、その褒め言葉にぴんと来ないことだってある。

大体同じシーンを観たって、得た印象は人によって大分違うことがあるのだから、

至極、当たり前のことだ。

当たり前だけれど、やっぱり私は私以外の人間を通ってろ過された贔屓について、知りたいわけじゃない。

結局、贔屓の組の公演が始まると、情報をシャットアウトしがちになってしまう。

スカステ、歌劇、グラフそんな公式から与えられる情報以外は、

あまり拾おうと思わなくなってしまう。

・・・こんなに極端なのは私だけかな・・・?

 

で、10日から贔屓のいる組の公演が大劇場で始まった。

何はともあれ、

のぞ様(望海風斗さん)、きいちゃん(真彩希帆さん)、

本当にトップ就任おめでとうございます。

とても嬉しい。

私の一生の憧れであろう大切な前贔屓がトップを務めた組で、

大好きな現贔屓がいる組で、

花組時代から好きな2人が、トップコンビとして大きな羽根を背負っているのが嬉しい。

 

東京で新トップコンビが、贔屓が舞台に立つ姿を観られること、

本当に楽しみにしているよ。