つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

私と

そんなに枚数を持っている訳では無い。

何ならアルバム1枚しか持っていない。

しかも初期の。

でも鬼束ちひろがとても好きだ。その1枚しか持っていないアルバムを、やたらと聴いている。

 

the ultimate collection

the ultimate collection

 

 

 これだ。もう5年も前のアルバムなんだ。

特に好きな曲は「私とワルツを」。

何故こんなに好きなんだろう、と思うくらい好きだ。初めて聴いた時、

 

失う時が いつか来る事も

知っているの 貴方は悲しい程

それでもなぜ生きようとするの

何も信じられないくせに

そんな寂しい期待で

この部分で思わず「ああ・・・。」と声が漏れた。

「なぜ生きようとするの」なんて。

酷で美しい歌詞だな、と感じた。

彼女の歌詞が好きなんだと思う。理屈ではない。

と言うか、「好き」という感情はそもそも理屈で片が付かない筆頭だと思っている。

ともかく、私はこの曲を聴いた時、歌詞をきちんと読んだ時に、どれくらい心と命を削って、傷つきながら書いているんだろう、とさえ思った。

更に彼女は歌う。

 

 悲鳴を上げて 名前を読んで

一度だけでも それが最後でも

誰にも傷が付かないようにと

ひとりでなんて踊らないで

そして私とワルツを

 

どうか私とワルツを

 生きようとする理由を問いながら、彼女は一人で踊るなら、

自分とワルツを、と言う。

何だか涙が出てしまうよ。

私は歌詞の深読みをするつもりも無いし、音楽にも本にも舞台にも「共感」を求めるタイプでは無いからあまり感情移入をすることも無い。

でもどこか心の琴線に触れてくるんだろうな。聴きながら泣いた曲は少ないけれど、それはそんな1曲。

 

音楽の話でも、と思ったので。

 

 

 

広告を非表示にする