つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

はいからさんが

と・お・る♪

 

そう、この前、観てきた。

はいからさんが通る」。

 

現在の贔屓は雪組にいるけれど、恐らく私は組としては断トツで花が好きかもしれない。

多分、大浦みずきさんのファンだった母の影響で、

散々花組の映像を見てきたし初観劇も花組で、

何だかんだ観劇数が一番多いのも花組だったからだと思う。

好き嫌いははっきり別れるかもしれないけれど、私はあの「自分は花組生だ」というプライドを感じる、

娘役さんの美しい裾さばき、品の良い微笑みが好きだし、

男役さんの端正な黒燕尾の背中も、ダンディなスーツとハットの着こなしが最高だと思っている。

 

まあ、そんな訳で、はいからさんも観た。

随分と話題になっていて、チケットも取り難い公演を、

1度でも観られて、本当に有り難かった。

そして観て良かった。

話としては、別に大したことはない、と言えば大したことはない。

戦争の影こそあったけれど、地雷も酷い人種差別も出てこない。

ただ、とても可愛らしい人達が明るく生きている作品だ。

舞台化、ということもあってぎゅっと色々な話を詰め込んで仕上げたんだと思う。

それでもとっちらかっていなくて、良かった。

主演のレイちゃん(柚香光さん)は、相変わらずの美貌だった。

お化粧が少しいつもと違っていて、美しかった。何より、お歌が良かった。

何と言うか・・・「歌は苦手なんだな。」と昔から感じることが多かった人だ。

でも、本当に歌が良かった。ちゃんと感情が乗っていて、とても表現力が高くなっていた。

お芝居も良かった。自然で、それでいて「理想の伊集院忍」だった。

ヒロインの華優希ちゃんは、お化粧は今一歩。

でも、抜群の可愛らしさ、嫌味にならないお転婆さが好ましかった。

もうただ裾から走ってくるだけで立派に紅緒ちゃん。

「ヒロイン力」が高い娘役さんなんだと思う。

で、今回、しろきみちゃん(城妃美伶さん)が素晴らしかった。

清楚なのに大輪の薔薇のようで、きらきらしていて。

彼女もやっぱり嫌味にならない令嬢感が最高に素敵だった。凛とした美しい環様だった。

 

今回は個人的に、娘役さんの層の厚さが印象的だった公演。

べー様(桜咲彩花さん)やかがりりちゃん(華雅りりかさん)、

くみちゃん(芽吹幸奈さん)やまりかさん(鞠花ゆめさん)・・・そんな中堅~上級生、果ては女学生役で出ていた子達まで、丁寧なお芝居が光っていた。

 

もちろん噂のちな様(鳳月杏さん)、みなみちゃん(水美舞斗さん)、ほのかちゃん(聖乃あすかさん)もしっかり観てきた。

そうだ、ほのかちゃんのノーブルな美しさは特筆すべきだと思う。

びっくりする程、綺麗だった。

美しいと言っても、レイちゃんのビスクドールめいた端麗さと比べると、

柔らかでもっともっとあっさりしていて、でも華やかな美しさ。

ほのかちゃんの蘭丸というお役は、うっかりするとなよなよし過ぎてしまう。

でも、彼女はいい塩梅で演じていて、

確かに弱虫だけれど、一生懸命で一途で、芯は確りして見えた。

彼女のお芝居、もっと観てみたい。これから色々な役をやって欲しい。

 

細かく触れようと思えば、るなちゃん(冴月瑠那さん)やたそちゃん(天真みちるさん)、しい様(和海しょうさん)、あれんくん(亜蓮冬馬さん)、みねかくん(峰果とわさん)、まさちゃん(矢吹世奈さん)等々、

沢山、感想を書きたい人はいるけれど、長くなりそうだし、

最終的には「皆良かった!」となってしまうから、この辺で。

 

花組、好きだ。