つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

ひとかけらの勇気が

ご無沙汰しているにもほどがある。

 

でも、このブログ、あくまでも自己満で書きたい時に書こうと思って作ったので、このぐらいの頻度でも良いのかな、なんて・・・。

GW最終日ですが、私はGWも仕事だったのであんまり大型連休の実感はありませんでした。ちなみに、今日私の両親は東京星組公演マチネを観に行っていましたが、私はお留守番していました。

GWらしいことと言えば、30日に友人と池田理代子原画展に行ったくらいですかね。とても楽しかったし、やっぱり池田理代子さんの絵は美しかったです。

その一緒に行った友人とは、6月にオペラ「ばらの騎士」のライブビューイングに行こうか、って話をしています。そう言えば最近、その友人とばかり会っているなあ。実は3月にもその友人と上野の博物館に大英博物館自然史展を見に行ったんですよね。

趣味が広く浅く合う友人って大事ですね。

 

今日は、微妙に痛い話を書きたい気分なので、以下文章は畳んでおきます。あ、でも実はスマホだと「続きを読む」機能って反映されないっぽいですね。

いや、もしかすると私が知らないだけかもしれないけれども。

 雪組の某下級生が最近とても好きです。

 

私はよく「贔屓」と「推し」は違う、と非常に言い訳がましい発言をするのですが、その某下級生はいわゆる「推し」です。

咲ちゃんは「贔屓」で彼女は「推し」。

「推し」という言葉は、現場モノ系のファンの皆様の間では「本命」のことを指すのかもしれませんが、私の中では「本命」とは少し違うニュアンスです。「推し」≠「本命」です。

「本命」という言葉の対象になるのは現役ジェンヌにおいて言えば確実に咲ちゃんだし、OGで言えば、壮さんなんです。彼女はあくまでも「推し」です。

ほら、色々言い訳がましいでしょうwww

こんなことを言うと「DDかよ!」と思われてしまうことは必至ですね。ええ、気が多いのは自覚しています。

まあ、とにかく最近は、その某下級生がとても好きなんです。

でも何が好きかと言われると、全然上手く説明出来ない。

彼女が好きだと自覚してから、家のHDに録画されている過去の雪組公演を片っ端から改めて見漁ったんですが、それでも好きな理由がいまいち言葉にならなかった。

お芝居については、(小公演だとまた別ですが)比較的モブであちこちのシーンに出ることも多くて、通し役でないことが殆どです。

ショーだと演出の先生によってはコーラスとかで結構歌わせてもらえてるかも、くらい。

映像だと「映り込み」はあるけれど、「抜かれる」ってことは、まず無い人。うっかりすると見切れるような位置にいたりする人。

でも、何故か好きで。どうしてかなー、と思っていて。

最近、何となく言葉になってきたり、腑に落ちてきたりしたんですが、多分、「舞台での在り方」が好きなんじゃないかと。

どんな役でもびっくりするくらい全力で、細かく作り込んでいて、男役が好きで、お芝居が大好きなんだろうな、って容易に分かるところが、そして、ちゃんと「ミュージカル」を作れているところが、とても好きです。

彼女の歌はちゃんと「物語」で、歌と芝居が分離していない、正に「歌劇」を演じている、彼女の歌劇スターとしての在り方が、好きなんだと思っています。

 

私、ちぎみゆのトップコンビ大好きです。「ちぎみゆ」も、ちぎちゃん単体もゆうみちゃん単体も大好きです。だから退団はとても寂しい。

でも、のぞ様ときーちゃんの次期トップコンビにも、実は今からとても期待していて。何故かって、のぞ様もきーちゃんも歌える人だからです。

歌えるトップになると、比較的芝居もショーも歌の比重が大きくなってくるんじゃないかな、と。今よりもっと歌える人が使われるんじゃないかな、とそんな期待です。

そうしたら、某下級生ちゃんも、もっと使われないかなあ、なんて。ははは・・・。

そう思っちゃうくらいには、好きですね。

(勿論、のぞ様ときーちゃんがトップになることで齎される相乗効果的なことばかり期待しているわけじゃないですよ。のぞ様がトップになることそのものも嬉しいし、のぞ様ときーちゃんで作る雪組も楽しみです。)

 

好きなんですけれど、発散しどころがなかったので今日はこのブログで書いてみようと思いました、彼女について。

 

実は今回の雪組公演、初めて新人公演を観ようと思っています。

彼女は主演でも、2番手役でもないですが。

いやー・・・新人公演学年をこんなに好きなるなんて思いもしなかった・・・。