つきうさぎ

うさぎ うさぎ なにみてはねる

それでも

「ラブソング」と言えば、という話。

 

クリスマスが近い。ロマンチックな聖夜。

イヴは日曜だけれど、きっと寝ているだろうし、

クリスマス当日は普通に仕事。

仕事納めも近いから、忙しくて仕事終わりに何か、とか、

とてもじゃないけれど体力的に無理だ。

クリスマスに過ごす素敵な彼氏もいなければ、ラブソングに一緒に浸る人もいない。

そもそも、ラブソングと言えば、という話を書くつもりでいる癖に、

ラブソングが殊更に好きなわけではないです。むしろ逆。

映画や舞台、本に殆ど共感を求めない私にとっては、音楽も然り。

音楽の中でも特に、ラブソングはどちらかと言えば、

「得意じゃない」、「これっぽっちも共感出来ない」部類に入る。

ただ、一概に「ラブソングは好きじゃない」とは言わない。

一度、このブログで触れている鬼束ちひろだって、あれは一種のラブソングだと思う。

ちなみに私は安藤裕子も好きだけれど彼女の書く曲も、ラブソングだと思う。

何なら、坂本真綾も好きだけれど、彼女もラブソングを沢山書いている。

多分、ラブソングについては好き嫌いがとてもはっきりしている。

そんな私が一番好きなラブソング、恋の歌は、恐らく、

Moranの「but Beautiful」だと思う。

Moranはもう既に解散してしまったV系バンドだ。私が好きになった頃は、

きっと解散の兆しもとっくにあったような気がする。

ビジュアル面でもとても美しかったし、曲も好みだったし、

何よりもVoのHitomiさんが書く歌詞が大好きだった。


Moran 「but Beautiful」 Full version

ファンになった時期が遅かったせいか、この曲をどんな思いで作って、歌詞を書いたのかは知らない。

ただ、私は物凄くHitomiさんの書く歌詞に衝撃を受けた。

正気欠いた想い拗らせ

もの悲しく擦り切れていくだけ

こんなにおぞましい感情を

誰が恋と言いだしたんだよ

微温い 誓いに 時々 嘘つき

鬼束ちひろにしてもそうだけれど、全然楽しくなさそうな恋を描く笑

Hitomiさんは「こんなにおぞましい感情」とまで言う。

でも、とてもリアルだ。

きっと恋って、案外こういうものじゃないかとさえ、思う。

理性なんて敵わない、あがら得ない不可思議で苦しい感情を、

「恋」と言うなんて、と。

こんなことをいった輩はどこのどいつだ、と恨みがましく考えてしまう程。

それでもなお美しい(=but beautiful)、だなんて名前を付けたHitomiさんに、

私は盛大に拍手を送りたい気持ちになってしまうんですね。

 

ということで、私にとって「ラブソング」と言えば。

Moranの「but Beautiful」。

 

 

広告を非表示にする

眩む

先日、雪組の大劇場新人公演が終わりました。

 

私の贔屓は新人公演学年。

彼女にとって、とても大事な公演だったと思う。

いや、新人公演学年の生徒さん達においては、

誰にとっても等しく大事な公演なんでしょうね。

勿論、本公演が大事でない訳ではないけれども、きっと新人公演学年の内は、

新人公演の比重は相当だろうし、何より本公演よりも規模が小さくなる分、

「チャンス」の場なんだろうから。

そう言えば、某男役さんが「正直、(新人公演がある分)本公演は余力を残していた所もありました」と言っていたっけ。

そのくらい、懸けるものが大きい公演なんでしょう。

 

隠しているわけではないですが、大っぴらにしようとも思っていないので、

彼女の芸名や、呼称、学年については触れずに。

贔屓は学生時代、部活でもミュージカルをやっていて、

人見知りではあったけれども、

小さい頃から歌うことはとても好きだった、と言っていたし、

出版物にもそういう内容が載っている。

実際、彼女の魅力はその歌を伴う芝居だと思っている。

役として感情を歌に乗せて表現出来る人。

歌と芝居が乖離しない人。

声質は硬めな印象を受けるので、万人が「良い声」とは思わないだろうけれど、

私は彼女の硬質だけれど良く通る声が大好きだ。

そんな彼女は今回、新人公演で恐らくソロが多めであることが容易に想像が出来るお役を与えられた。

「恐らく」と書くのは、今回は大劇場公演は一度も観ていないし、

観る予定も無いし、ましてや大劇場の新人公演も観ない、し、

感想らしい感想も、1つ、2つたまたま目に入ったものを一読しただけだから。

そう、シャットアウトしているので・・・笑

 

ただ、タカラヅカニュースだけは見た。

泣きそうになった。

何で泣きそうになったのかは自分でも分からない。

観に行けない悔しさや辛さは、

消化するのがすっかり得意になってしまったので、そういう感情の動きではない。

強いて言うなら、まぶしかったから。

通して観たわけではないから、トータルでどんな仕上がりだったのか、

そもそも本公演さえ観ていないから、実際はどんな描かれ方をしている役で、

どんな共通認識がある役か、とかも分からない。

でも、きっと彼女は全うしたんだろうな、ということが伝わってきた。

比較的、「脇だけれど美味しいお役」が多かった彼女にとって、

今回は「派手なお役」だと思う。

そういうお役にまっすぐ立ち向かって、闘った。

そんな目をしていた。私の好きな良く通る声で、堂々と歌っていた。

彼女がどんな想いでそのお役に臨んだのかは分からないけれど、

彼女がその役として、彼女なりに生き抜いたのであろう、

だからこんなにまぶしいんだろう、と思ったら、

すっかり目頭が熱くなってしまった。

前の贔屓は、新人公演なんてとっくに卒業していた学年の頃に好きになったから、

自分がこういう気持ちになるなんて思わなかった。

 

前の贔屓が退団して、3年は経ったこのタイミングでこんなに、

新人公演学年の男役さんのことを好きなるとは思わなかったし、

好きになって気付けた宝塚の楽しみ方、好きになって自覚した自分の感情がある。

新鮮だし、ますます彼女のことが、宝塚が好きになる。

 

2017年も終わろうとするこの月に、ふと感じたことを、とりとめもなく。

広告を非表示にする

桜咲く国

 

タイトルを見て今日は何を書こうと思っているか、分かる人も案外いそうだ。

今日は「OSK日本歌劇団」について。

 

宝塚が好きな人であれば、OSKも併せて好きな人も一定数はいると思うけれど、どうだろう。

OSKは大阪松竹歌劇団の略で、今はOSK日本歌劇団になっている。

名前の通り、大阪が拠点の劇団だ。

宝塚も関西の劇団だが、OSKは関東でやる公演は少ない。

OSKは西にも東にもOSKの持っているハコが無い、というのが大きい原因な気がする。

だから、私も実を言えば、OSK観劇はたった1回だけ。

でもその1回がとても印象的だったし、また行きたいと常々思っている。

私が観たのはなんとトップ男役・桜花昇ぼるさんのサヨナラ公演、しかも千秋楽。

観た当初は、「OSKの太陽」とまで言われている方だなんで、

これっぽっちも知らなかった。でも、朗らかで品の良い華のある、

素敵な男役さんで、本当に素敵だったことは今でも思い出せる。

桜花さんもさることながら、現トップの高世さんも、桐生さんも素晴らしく、

初見だったにも関わらず、想像以上に楽しめた。

OSKの好きなところをつらつらと挙げていきたい。

これで興味を持ってもらえれば、何より。

 

特筆すべきは「ダンスのクオリティーの高さ」。

とにかくひたすらに皆さんダンスが上手い。素人目で見ても、

恐ろしくダンスが上手い。端から端まで、ダンサーばかり。

ちなみにその時の第一印象は「男役さんは皆としちゃん(宇月颯さん)みたいで、娘役さんは皆まりもちゃん(蒼乃夕妃さん)みたい・・・!」だった笑

いや、本当にそんな感じで。

(元)月組の名ダンサー2人を咄嗟に思い浮かべるくらい、

どこを観ても美しく、華麗に、しなやかに踊る男役さん、娘役さんばかりだった。

多分、ダンサー好きさんは、心底楽しめると思う。

少なくとも、「宝塚のフレッド・アステア」と呼ばれた大浦みずきさんのファンの、

私の母はOSKも大好きだ。

ダンスだけでは無い。歌も上手い。むしろ「あのダンスの後にこれだけ歌うの?」となる。

ただ、歌については宝塚よりラフかもしれない。

上手いには上手いが、身体中に染み入るような、そんな「上手い」ではない。

なので、のぞ様やことちゃん(礼真琴さん)辺りの歌唱力を期待して行くべきではない。

個人的にはあれで十分でしょう、とは思うけれども。

そして私的なツボなのだが「娘役さんの自立した美しさ」。

そういう気風なのかもしれない。OSKは娘役さんが殊更に男役さんに寄り添うことはしていない。

娘役さん達がまず個として、美しく、凛とあろうとしている感じ。

蘭ちゃん(蘭乃はなさん)風に言うところの娘役さんが「るりるりしている」のが一番良いと思う方は、ちょっと嫌かもしれないけれど。

私は大好きだ。舞台の上で、男役さんと対等に肩を並べ、共に在る強く美しい娘役さん。

美貌は宝塚の娘役さんにだって引けを取らないしね。

存在感のある娘役さんが好きな方には、もうごりごりに推していきたい。

 

ちなみにOSKはごく一部の公演だが、

動画撮影・写真撮影がOKでSNSにアップすることも許可されている。

盤石な経営基盤は無い分、宣伝ツールも身近で分かり易いので、

興味を持ってから、好きになるスピードも速い気がする。

色々検索する度に、OSKも観たいと思うが、

東京公演が殆ど無いのが、心底惜しい。

 

最後に。

桜花昇ぼるさんのサヨナラ公演の時、隣の大人しそうなお姉さんに「飛行機の時間があるので途中で抜けます、ごめんなさい」と言われた。

そのお姉さんは、それなりに長く桜花さんを応援していらっしゃったそう。

彼女が桜花さんを見つめる眼差しも、

桜咲く国を口ずさむ横顔も、

宝塚ファンと何ら変わらなくて、まっすぐで愛情に溢れていて、

ちょっとだけ泣きそうになったことも、また思い出。

 

桜咲く国、桜、桜。

 

広告を非表示にする

知りたいのは

お題「これって私だけ?」

 

べつに「私だけ」とは思わないけれども。

贔屓が出ている公演のレポ、感想は積極的には見たくないタイプだったりする。

「私だけ」とは思わないけれど、身近にそういう人もいないので。

 

仕事柄残業も多く、基本的に休みも週1で日曜だけの会社で働いているので、

まとまった休みは取れない。なので、まず遠征がほぼ出来ない。

いや日帰り弾丸遠征もしようと思えば出来るけれど、

仕事がある日は毎日朝4時起きで、定時で帰れることはまず期待出来ない業務量を考えれば、

日曜にそんな弾丸遠征なんてした週明けは、グロッキーになるに決まっている。

趣味のせいで仕事が疎かになるなんて、本末転倒なことは嫌いだ。

なので、まあ、遠征は大概はしない。

よって、神奈川在住の私は、自ずと東京公演に通うことになる。

東京宝塚劇場は、近くもないけれど決して遠くないので、

アクセス的にそこまで悪い場所には住んでいない、と思っている。

ただし、やはり仕事が優先なので、東京公演も言う程は通えない。

結果として、私は恐らく公演中、観られない日の方が多い。

それでも私は極力、感想やレポは見たくない。

公式からの供給で、観る日まで凌ぎたい。

何故だろう。

多分、「誰かの価値観や好みのフィルターを通して見た贔屓」の姿を求めていないからかな、と最近思ってはいる。

何だか、面倒くさいし、分かりにくい。でも言葉にするとしたら、そう。

 

ある公演で私の贔屓は「勿体無い使われ方」と度々言われていた。

実際に観てみたところ、確かに異常に台詞が少なかった。

「勿体無い使われ方」と言われるのは、

「もっと出来るんだから」という評価があるからこそだと思うので、

そういう意味では、有り難い感想だったのかもしれない。

でも、私は「勿体無い使われ方」とは思わなかった。これっぽっちも。

何ならその公演はもっと「勿体無い使われ方」だと思う人が沢山いたし、

そもそも、こんな言い方をするのもアレな気もするけれども、

それなりの路線さんや明確な番手付きさん、専科さん以外は、

男役さんにしても娘役さんにしても、

演出家の先生によって、役付き・使われ方なんて変わっていくものだと思っているから、

その演出家の先生の中での私の贔屓は、

今のところはこういうポジションなんだろうな、と納得してしまっていた。

 

いつだって腑に落ちるのは、実際に観て、聴いて、感じた贔屓の姿だけだ。

贔屓が褒められれば嬉しいけれど、

でも、その褒め言葉にぴんと来ないことだってある。

大体同じシーンを観たって、得た印象は人によって大分違うことがあるのだから、

至極、当たり前のことだ。

当たり前だけれど、やっぱり私は私以外の人間を通ってろ過された贔屓について、知りたいわけじゃない。

結局、贔屓の組の公演が始まると、情報をシャットアウトしがちになってしまう。

スカステ、歌劇、グラフそんな公式から与えられる情報以外は、

あまり拾おうと思わなくなってしまう。

・・・こんなに極端なのは私だけかな・・・?

 

で、10日から贔屓のいる組の公演が大劇場で始まった。

何はともあれ、

のぞ様(望海風斗さん)、きいちゃん(真彩希帆さん)、

本当にトップ就任おめでとうございます。

とても嬉しい。

私の一生の憧れであろう大切な前贔屓がトップを務めた組で、

大好きな現贔屓がいる組で、

花組時代から好きな2人が、トップコンビとして大きな羽根を背負っているのが嬉しい。

 

東京で新トップコンビが、贔屓が舞台に立つ姿を観られること、

本当に楽しみにしているよ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

私と

そんなに枚数を持っている訳では無い。

何ならアルバム1枚しか持っていない。

しかも初期の。

でも鬼束ちひろがとても好きだ。その1枚しか持っていないアルバムを、やたらと聴いている。

 

the ultimate collection

the ultimate collection

 

 

 これだ。もう5年も前のアルバムなんだ。

特に好きな曲は「私とワルツを」。

何故こんなに好きなんだろう、と思うくらい好きだ。初めて聴いた時、

 

失う時が いつか来る事も

知っているの 貴方は悲しい程

それでもなぜ生きようとするの

何も信じられないくせに

そんな寂しい期待で

この部分で思わず「ああ・・・。」と声が漏れた。

「なぜ生きようとするの」なんて。

酷で美しい歌詞だな、と感じた。

彼女の歌詞が好きなんだと思う。理屈ではない。

と言うか、「好き」という感情はそもそも理屈で片が付かない筆頭だと思っている。

ともかく、私はこの曲を聴いた時、歌詞をきちんと読んだ時に、どれくらい心と命を削って、傷つきながら書いているんだろう、とさえ思った。

更に彼女は歌う。

 

 悲鳴を上げて 名前を読んで

一度だけでも それが最後でも

誰にも傷が付かないようにと

ひとりでなんて踊らないで

そして私とワルツを

 

どうか私とワルツを

 生きようとする理由を問いながら、彼女は一人で踊るなら、

自分とワルツを、と言う。

何だか涙が出てしまうよ。

私は歌詞の深読みをするつもりも無いし、音楽にも本にも舞台にも「共感」を求めるタイプでは無いからあまり感情移入をすることも無い。

でもどこか心の琴線に触れてくるんだろうな。聴きながら泣いた曲は少ないけれど、それはそんな1曲。

 

音楽の話でも、と思ったので。

 

 

 

広告を非表示にする

拝啓ご贔屓様

 

若手俳優さんのファンの方のブログを拝見することがある。

 

彼女たち同様、舞台に立つ人間を応援しているから、共感できることも結構多い。

勿論、全然相容れない価値観も相応にあるけれど。

そんな若手俳優のファンの方達の間で、一時、

「手紙の書き方」というテーマの記事をちらほら見かけた。

どんなレターセットを使っているか、から、簡単な内容、枚数・・・etc.

読んでいて楽しかった。

 

から、ちょっと私も手紙について書いてみる。f:id:moon_rabbitusg:20171104173519j:plain

写真は今回の公演で使おうかと思っているレターセット。

手前のミニレターセットは入り待ち用に使おうかと思っている。

5種類の内、書こうと思ったその日の気分で何を使うか最終的に決める予定。

色合いが青っぽいのは、贔屓のイメージもあるけれど、

単純に私が紺や青が好きだから。

自分が気に入ったレターセットじゃないと、お手紙は書けない。

で、お手紙の文面としては、

頭は「芸名+様」から初めて、大概、書き出しは「(今回の公演名)の〇月〇日の昼公演or夜公演を拝見しました。」という感じ。

どの辺りの席で観たか、みたいなことは書かない。

あ、でも近い席で観られて、近いからこそ気付けたことや、

近いからこそときめいたことがあった時は、正直に「近くで観られて」という趣旨のことを簡単に書く。

当たり前だけれども、全文敬語。実際、私より年上ですし。

そして、私は恐らく人と比べても実際に手紙を書いて投函するまでが、とても長い。

以下、私の書いてから投函までの過程なわけだけれど。

①メモ帳アプリで下書きをする(4日前後かかる)

②下書きが完成したら簡易文章校正サイトでチェック

③赤が入ってかつ自分でも気になる箇所は修正

④少し寝かせる(下書きは書きたい時に手軽に書ける分気持ち悪いテンションになっている時もあるから)

⑤下書きを読み返して自分の中でOKが出せたらレターセットに書き起こす(電子辞書必須)

⑥また少し寝かせる

⑦最後に誤字脱字送り仮名チェックをして問題無ければ投函

わお。7つもの過程を経て、やっとこさ投函。

ちなみにお手紙の枚数は3枚~3枚弱になることが多い。小公演だと、2枚半程度。

4枚になりそうだったら、書き直します。

内容は本当にシンプルに感想。当たり障りない、と言っても過言ではないようなことを。ショーよりも芝居の内容が多めになる。

基本は褒める。と言うか、舞台ついては素人なので、

あーだこーだ批評めいたことを書いても説得力に欠けるから、

結局良かったことを書くことになる。

それに、何気なく書いたことで相手を傷付けたり、

不愉快な思いにさせることは本意ではないので。

ただ、正直に素直に書く、ということとマイナスに感じたことを敢えて書かない、ということは常に留意してはいる。

 

ちなみに1公演につき投函するお手紙、要は本当に腰を据えて、しっかりした感想を書くお手紙は1通だけ。

これはもう退団した前贔屓に対しても変わらなかった。上記した通り、遅筆の極みなので。

逆に1通だけだからこそ、色々考えてしまう分、遅筆になるのかもしれないけれど。

入り待ち出待ちの為のお手紙はやはり簡単になってしまうし、

お茶会の時にお渡しするお手紙もそこまでボリュームのあるものじゃないから、

その1通がやたらと重い・・・笑

 

ざっと書くと、こんな感じ。

お手紙は手作りをする方もいらっしゃって、ただただ凄いと思う。

あまり器用ではないので、どうしても既製品に頼ってしまうからね、私。

 

お手紙を読んで、

応援してるよ、って気持ちが少しでも伝われば良いな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

はいからさんが

と・お・る♪

 

そう、この前、観てきた。

はいからさんが通る」。

 

現在の贔屓は雪組にいるけれど、恐らく私は組としては断トツで花が好きかもしれない。

多分、大浦みずきさんのファンだった母の影響で、

散々花組の映像を見てきたし初観劇も花組で、

何だかんだ観劇数が一番多いのも花組だったからだと思う。

好き嫌いははっきり別れるかもしれないけれど、私はあの「自分は花組生だ」というプライドを感じる、

娘役さんの美しい裾さばき、品の良い微笑みが好きだし、

男役さんの端正な黒燕尾の背中も、ダンディなスーツとハットの着こなしが最高だと思っている。

 

まあ、そんな訳で、はいからさんも観た。

随分と話題になっていて、チケットも取り難い公演を、

1度でも観られて、本当に有り難かった。

そして観て良かった。

話としては、別に大したことはない、と言えば大したことはない。

戦争の影こそあったけれど、地雷も酷い人種差別も出てこない。

ただ、とても可愛らしい人達が明るく生きている作品だ。

舞台化、ということもあってぎゅっと色々な話を詰め込んで仕上げたんだと思う。

それでもとっちらかっていなくて、良かった。

主演のレイちゃん(柚香光さん)は、相変わらずの美貌だった。

お化粧が少しいつもと違っていて、美しかった。何より、お歌が良かった。

何と言うか・・・「歌は苦手なんだな。」と昔から感じることが多かった人だ。

でも、本当に歌が良かった。ちゃんと感情が乗っていて、とても表現力が高くなっていた。

お芝居も良かった。自然で、それでいて「理想の伊集院忍」だった。

ヒロインの華優希ちゃんは、お化粧は今一歩。

でも、抜群の可愛らしさ、嫌味にならないお転婆さが好ましかった。

もうただ裾から走ってくるだけで立派に紅緒ちゃん。

「ヒロイン力」が高い娘役さんなんだと思う。

で、今回、しろきみちゃん(城妃美伶さん)が素晴らしかった。

清楚なのに大輪の薔薇のようで、きらきらしていて。

彼女もやっぱり嫌味にならない令嬢感が最高に素敵だった。凛とした美しい環様だった。

 

今回は個人的に、娘役さんの層の厚さが印象的だった公演。

べー様(桜咲彩花さん)やかがりりちゃん(華雅りりかさん)、

くみちゃん(芽吹幸奈さん)やまりかさん(鞠花ゆめさん)・・・そんな中堅~上級生、果ては女学生役で出ていた子達まで、丁寧なお芝居が光っていた。

 

もちろん噂のちな様(鳳月杏さん)、みなみちゃん(水美舞斗さん)、ほのかちゃん(聖乃あすかさん)もしっかり観てきた。

そうだ、ほのかちゃんのノーブルな美しさは特筆すべきだと思う。

びっくりする程、綺麗だった。

美しいと言っても、レイちゃんのビスクドールめいた端麗さと比べると、

柔らかでもっともっとあっさりしていて、でも華やかな美しさ。

ほのかちゃんの蘭丸というお役は、うっかりするとなよなよし過ぎてしまう。

でも、彼女はいい塩梅で演じていて、

確かに弱虫だけれど、一生懸命で一途で、芯は確りして見えた。

彼女のお芝居、もっと観てみたい。これから色々な役をやって欲しい。

 

細かく触れようと思えば、るなちゃん(冴月瑠那さん)やたそちゃん(天真みちるさん)、しい様(和海しょうさん)、あれんくん(亜蓮冬馬さん)、みねかくん(峰果とわさん)、まさちゃん(矢吹世奈さん)等々、

沢山、感想を書きたい人はいるけれど、長くなりそうだし、

最終的には「皆良かった!」となってしまうから、この辺で。

 

花組、好きだ。

 

 

広告を非表示にする